恋愛、仕事、交友関係・・・これからの未来に不安を抱えている。そんな方におすすめしたい本当に当たる電話占いを徹底調査。

夢占いとは?印象的な夢の意味

夢は誰もが一度は見たことがあるでしょう。皆さんは起きた時に夢を覚えているタイプですか?

夢は毎回ではなくても、「屋上から落ちる夢を見た!」「好きな人と付き合う夢を見た!」など思わず何かの予兆を感じてしまう印象的なものなら、目が覚めても鮮明に記憶に残っていることがあります。寝ている環境で夢を見ていることは十分に考えられますが、正夢という言葉もあるくらいですし、実は夢と現実は紙一重なのかもしれません。

そんな印象に残る夢を使った占いが「夢占い」です。

夢占いはその名の通り相談者が見た夢の内容によって結果を出していく占術ですが、具体的にどんなものなのでしょうか。今回は夢占いの鑑定方法と印象的な夢の意味について紐解いていきたいと思います。

夢占いって具体的どんなもの?

夢占いとは、夢での出来事や状況、出てきたものを総合的に視て未来予知や現在の心理状況を読み解く占術です。夢で見た内容は自身の心理状況や見えない世界が反映されていると言われています。

夢占いの歴史は非常に長く、古代文明までさかのぼります。昔の人たちは占いがすごく好きだったようで、その中でも自分の夢で鑑定できる夢占いは非常に人気だったようです。確かに昔は今のように娯楽もなかったでしょうし、一般庶民が楽しむとしてはうってつけかもしれませんね。当時は夢を「神のお告げ」として願掛けのように考えられていたようで、夢占いもそこまで信憑性の高いものとして扱われていませんでした。

しかし、今も昔も人は神秘的で不思議なものに惹かれてしまいがちなものです。夢に惹かれた一部の専門家達が研究を重ねた結果、「夢には自分で気づいていない潜在意識や欲望が表れている」
とされ、現在では心理カウンセリングの一環として夢が扱われることもあります。夢はいまだに解明されていないところが多いですが、心理学的な裏付けが出てくると占いの信憑性も高まり、夢占いはより身近なものとなりました。

印象的な夢の意味とは

夢は「抑圧から解放されたい!」という気持ちの表れが色濃く出るとされています。日常では自分の気持ちをストレートに表現することが難しい場合もありますよね。「あの時本当はこうしたかった」「今自分はこう動きたい!」という自分の本心が夢の中の出来事に隠されているそうです。

では具体的にどんな深層心理が隠されているのでしょうか。今回はよくありがちな例をいくつかピックアップして、それぞれに隠された意味をご紹介したいと思います。

空を飛ぶ夢

空を飛ぶ夢は「向上心の表れ・自由・逃避願望」を意味しています。

空をどうやって飛んでいるかによって意味が変わってくるのですが、高いところまでグングン上っている時はあなたが今やる気に満ち溢れ、目標に向かってしっかり計画が立てられ、順調に物事が運んでいる自信の表れになっているとされています。

また、ふわふわと空に浮かんでいる場合は現在の精神の安定、もしくは自由を求めている証拠です。最近の出来事を思い出してみてください。ストレスを大きく感じた出来事や何か不安に思っていることはありませんか?思い当たる節がある方はそのストレスから解放されたい欲望の表れかもしれません。

落ちる夢

落ちる夢は「不信感・失敗への恐れ・自身の喪失」を意味しています。全体的にあまりいい意味ではないとされていますが、落ちる場所や状況によってその意味は大きく変わっています。

落ちてはいるけど気分は爽快な場合や、着地がうまくいったという場合は抱えている問題が解決したり、状況がいい方向に進んでいることを意味します。現状があまりよくないものであったとしても気を落とさず問題に向き合っていきましょう。

そして暗いところに落ち続けていたり、落ちて怪我をしてしまった場合は、運気の低迷や地震の喪失などに繋がります。自分の行動にミスはないか、不安に思っていることはないか振り返ってみてください。思いがけないところに見落としがあるかもしれません。

好きな人が出てきた夢

好きな人が夢に出てくる場合は基本的に「願望の表れ」である場合が多いとされています。自分が意識していないと思っていても、「あの人とこんな関係になりたい!」という気持ちが夢となって出てきているのでしょう。

ただし、シチュエーションによってはこれからの関係に何らかの変化があることを予兆している場合があります。好きな人が出てくる夢に関しては、大体の場合が「逆夢」で見ていていい気持ちにならないときの方が、現実ではいい方向に進むとされています。例えば好きな人と喧嘩をした夢を見た場合は、これから今まで以上にコミュニケーションが取れる予兆とされています。あまり悲観的になりすぎず、前向きにとらえていきましょう。

夢を見る夢

夢の中で夢を見ることは「多重夢」と呼ばれ、「心身の疲労・状況を整理したい気持ち」を表しています。

覚めても覚めても夢の中・・・といった経験をしたことがある方はいらっしゃいませんか?非常に不思議な体験ですが、それは体も心も非常に疲れている状況にあるかの世が高いです。何かリフレッシュできる方法を探して、自分自身を心身ともに休ませてあげましょう。

殺人の夢

殺人の夢は自分が殺す側か殺される側か、どちらの立場にいるのかによって意味が変わりますが、基本的に「逆夢」でありいい意味をもった夢です。自分が殺す側の夢は「自分を変えたい願望・関係修復の願望」を示し、殺される側の夢は「人生の転機・再生」を意味しています。更に夢占いにおいて死ぬことは新しい自分に生まれ変わることを示しているので、思わずゾッとしてしまうような悪夢と捉えてしまいがちですが、現実のあなたにはいい兆しが表れているかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
夢の意味は詳しいシチュエーションで変わることが多く、ここで紹介しきれないほどたくさんのパターンがあります。
通じて言えるのは夢には気づいていない自分の意思が込められているということです。夢占いの結果をどうとらえるかは自分次第ですが、どんな結果であってもポジティブにとらえることができれば、意識的にいい方向へ進めるきっかけになるかもしれませんね。

この記事を書いた人

AKI & MAYUKO
AKI & MAYUKO
都内のWEB会社で働く二人。
電話占いが好きなMAYUKOと、電話占い初心者のAKIが、口コミや評判・アンケート調査をもとに執筆しています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
アーカイブ
投稿記事一覧